軽自動車を廃車にする場合は、普通自動車の違い陸運局には届け出ません。 かわりに「軽自動車検査協会」へ書類を作成して手続きをすることになります。

 

車両本体の処分(解体など)は当然やる必要があります。 軽自動車の場合は軽自動車税の還付はありませんので、戻ってくる税金はありません。 そのため、廃車にする人はほとんどおらず、中古車買取業者に売る方がほとんどです。

 

廃車にする場合は、手続き+解体費用+リサイクル料を払うだけなので、支出は必ず赤字になります。

 

その点、売却してしまえば手続きも1か所ですみますし、費用かかからずに逆に評価額分の収入になります。 だから、最近では廃車ではなく、まず一括査定で最高値の業者をチェックして売れるかどうかをチェックするんですよ。

 

これを知らずに軽自動車を廃車手続きすれば、時間も手間もお金も損することになるので気をつけてくださいね。

 

コメントは停止中です。